廃家電のリサイクル
家電のリサイクルについて

使用済みの家電製品を対象として、循環型の新しい社会システムの形成をめざす特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)が制定され、平成13年4月1日から完全施行されました。
これにより製品の50%以上を再生利用できるようになりました。

現在対象となっている家電
テレビ
洗濯機・衣類乾燥機
冷蔵庫・冷凍庫
エアコン
対象外の一例
・プロジェクター方式のテレビ
・チューナーを内蔵しないモニターテレビ
対象外の一例
・業務用洗濯機
・業務用衣類乾燥機
対象外の一例
・ショーケース
・業務用冷蔵庫
・業務用冷凍庫
対象外の一例
・天井埋込型のエアコン
・業務用エアコン
家電リサイクルの仕組み
リサイクル料金

リサイクルの対象となる家電製品の排出については『リサイクル料金』がかかります。
リサイクル料金はメーカーやサイズによって異なりますので、家電小売店やメーカーにお問い合わせください。
こちらからも確認できます。
(財)家電製品協会 家電リサイクル券センター
フリーダイヤル:0120-319640
http://www.rkc.aeha.or.jp
リサイクルに必要な経費の負担について、ご理解とご協力をお願いいたします。

排出方法
Ⅰ.小売店を通して排出する方法

「収集・運搬料金」と「リサイクル料金」がかかります。
収集・運搬料金は、製品の大きさや小売店によって異なります。また、軒先集荷、2階からの排出など、状況によって別途料金が加算される場合があります。
詳しくは小売店にお問い合わせください。

Ⅱ.自分で直接排出する方法

「リサイクル料金」がかかります。

  1. 事前に郵便局で、振込書が付いた家電リサイクル券(6枚綴り)にメーカー名等必要事項を記入して「リサイクル料金」を振込ます。
    ※振込手数料が別途かかります。
  2. 対象家電製品とリサイクル券を、下記のいずれかの「指定引取所」へ運びます。
指定取引所
会社名 住所 電話番号
株式会社鈴木商会
道東支店十勝事業所
芽室町東芽室北1線8番地1 62-6211
札幌通運株式会社
道東営業部十勝支店
芽室町東芽室北1線22-7 61-3611