新中間処理施設整備基本計画策定等業務実施事業者の募集

新中間処理施設整備基本計画策定等業務の遂行にあたり、一般廃棄物処理施設建設に関する豊富な知識・経験・実績及び専門的な技術力や高度な企画能力を必要としており、民間事業者からの企画、提案を受け、本業務を委託するのに最も適した者を「帯広市プロポーザル方式の実施に関するガイドライン」に準じ、プロポーザル方式により選定するものです。

公募の概要
1.名称

新中間処理施設整備基本計画策定等業務

2.実施スケジュール

提案者公募:令和3年4月20日(火)~4月30日(金)
質問受付期間:令和3年4月20日(火)~5月17日(月)
企画提案書締切:令和3年5月27日(木)
プレゼンテーション:令和3年6月2日(水)予定 ※実施しない場合もある
結果通知:令和3年6月3日(木)予定
事業開始:令和3年6月8日(火)予定

3.企画提案内容

以下の要領及び仕様書のとおりです。

参加方法
1.参加資格要件

このプロポーザルに参加しようとする者は、次に掲げる条件をすべて満たすものとする。

  • (1)北海道内に本店又は支店、営業所を有すること。
  • (2)国土交通省に備える建設コンサルタント登録簿(廃棄物部門)に登録があること。
  • (3)過去10年以内(平成23年4月1日以降に業務を完了したもの)に、国土交通省が指定する豪雪地帯で一般廃棄物処理施設整備の基本計画の策定又は設計業務を実施した実績(元請として履行)を有すること。
  • (4)過去10年以内(平成23年4月1日以降に業務を完了したもの)に、施設規模100t/日以上の焼却処理施設の基本計画の策定又は設計業務を実施した実績(元請として履行)を有すること。ただし、(3)と異なる施設での実績でも可とする。
  • (5)地方自治法施行令(昭和 22 年政令第 16 号)第 167 条の4の規定により競争入札への参加を排除されている者でないこと。
  • (6)委託業務を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有すること。
  • (7)十勝圏複合事務組合競争入札参加資格登録業者であること。
  • (8)帯広市の建設工事等の契約に係る指名停止等の措置に関する要領(準用)(平成6年12月1日制定)による、指名停止期間中でないこと。
  • (9)帯広市暴力団排除条例(平成25年条例第29条)第2条第1号(準用)に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員又は同条第3号(準用)に規定する暴力団関係者に該当しないこと。

実施要領、仕様書などを確認のうえ、参加申込書を十勝圏複合事務組合くりりんセンターまで提出してください。

2.企画提案書の提出

参加資格が認定されたのち、期日までに企画提案書を作成し十勝圏複合事務組合くりりんセンターまで提出してください。
公募に係る質問がある場合は、質問票に記載し、十勝圏複合事務組合くりりんセンターまで提出してください(質問及び回答はすべてホームページで公表します)。

3.関係書類の提出期間

・参加申込書
 令和3年4月20日(火)~4月30日(金)17時(必着) ※土曜日、日曜日、祝日は除く

・企画提案書
 令和3年5月7日(金)~5月27日(木)17時(必着) ※土曜日、日曜日、祝日は除く

4.提出場所

十勝圏複合事務組合くりりんセンター
〒080-2464 北海道帯広市西24条北4丁目1番地
メール:kuririn-c@tokachiken.hokkaido.jp
TEL 0155-37-3550 FAX 0155-37-4119

5.提出部数

10部(正本1部、副本9部)