ふるさとの魅力発信事業

「住んでよし、訪れてよし」の地域づくりの一環として、首都圏などからの移住希望者や就職希望者に対して「まち・ひと・しごと」に 関わる活力ある元気な十勝の魅力を発信することを目的として、平成28年度から事業を行っています。

令和元年度事業「十勝のアウトドア」フォトコンテスト

今年度は「十勝のアウトドア」をテーマにしたフォトコンテストを開催します。
雄大な自然の中で、思いきり趣味や遊びを楽しむことができる十勝の魅力を発信するため、
「十勝のアウトドア」をテーマとした写真をエピソードとともに募集します。
たくさんのご応募をお待ちしています。

◇応募期間
 令和元年7月18日(木)から令和2年1月8日(水)当日消印有効

◇入賞
 グランプリ   1点 賞状+5万円相当の副賞
 準グランプリ  1点 賞状+3万円相当の副賞
 優秀賞     5点 賞状+1万円相当の副賞
 その他 特別賞を設ける場合があります。
 ※審査の結果、該当作品なしの場合があります。

◇送り先/問合せ先
 〒080-2464 北海道帯広市西24条北4丁目1番地5 くりりんセンター内
  十勝圏複合事務組合 事務局 総務課
  TEL 0155-37-3491 E-mail:soumuka★tokachiken.hokkaido.jp(★を@に変えてください)

応募要領など詳細はこちらから(応募前に必ず確認してください)
チラシ(応募要領・応募票)のダウンロードについてはこちらから
平成30年度事業「十勝の食」フォトコンテスト

事業3年目である今年度は、十勝に暮らす「ひと」と「食」の日常や、十勝を訪れた「ひと」と「食」の出会いなど「十勝の食」をテーマとしたフォトコンテストを開催しました。
平成30年7月20日から12月28日までの募集期間に43名から95作品の応募があり、平成31年1月29日に審査委員会を開催し、厳正なる審査の結果、入賞作品が決定致しました。

入賞作品が決定! 

グランプリ :該当作品なし

準グランプリ:『LOVE LOVE じゃが!』 粟野秀明さん(芽室町)
(2作品)  『採れたてだよ!』 三浦早智子さん(音更町)

優 秀 賞 :『急がねば』 菅野政一さん(更別村)
(5作品)  『黄昏時』 西岡尚央さん(帯広市)
       『長いもの収穫』 佐藤陸生さん(江別市)
       『つまみ食い』 平塚榛さん(帯広市)
       『ほっぺがとろけちゃう』 石田めぐみさん(北広島市)

特 別 賞 :『大地がみんなを育てている』 沖田芳子さん(帯広市)
(3作品)  『清水町「牛玉ステーキ丼」』 濵﨑暢子さん(帯広市)     
       『ウトゥラノ イペアン ロ(アイヌ語で”一緒に食べよう。”)』 上野竜侍さん(幕別町)

  
入賞作品についてはこちらから
      
            準グランプリ作品               準グランプリ作品
          「LOVE LOVE じゃが!」            「採れたてだよ!」
          粟野 秀明さん(芽室町)           三浦 早智子さん(音更町)     
審査委員名簿についてはこちらから
入賞作品展示会の日程はこちらから
平成29年度事業「十勝のまち」フォトコンテスト

事業2年目である平成29年は十勝19の「まち」とそこに暮らす「ひと」を題材としたフォトコンテストを開催しました。

結果詳細はこちらから
入賞作品展示会の日程はこちらから
平成28年度事業「十勝のしごと」フォトコンテスト

事業初年度である平成28年度は「しごと」をテーマとして、十勝で働く人を被写体とし、人物を通して仕事の背景が思い浮かぶようなコメントを添えた写真を募集する、 「十勝のしごと」フォトコンテストを開催しました。

結果詳細はこちらから

短い期間、難しいテーマではありましたが、38人の方から72作品の応募をいただきました。
グランプリ以下全15点の入賞作品はパネルにして額装し、とかち帯広空港をはじめ管内市町村の道の駅、役場のロビーなどで優秀作品展として展示しました。
その他の応募作品も十勝をPRするグッズなどに活用し、全国の移住フェアなど多くの方の目にとまる場所で活躍しています。